久々に現場仕事をしてきました。

蒸し暑い...。

マスクがびちょびちょ。

簡易宿所予定物件の床にカフェ板を貼ってます。

30mm厚板でかなりしっかりしてるので、踏んだ時の感じが良い○

杉の香りが良い匂い○

無垢板やからしゃあないけど、製品としての寸法精度は△

厚みも矩も悪いから、削りつつ調整。

死に節・抜け節も多いから後で埋めないと×

見切りは寸三を現場加工。

1番気になっていたのが、サネがない(三角にはめ込める様にはなってます)のでどうやって施工するか。

メーカーの想定している施工方法としては、6ヶ所の脳天ビス打ち。

店舗等の土足想定の商品なんかな?

住宅でその施工はやりたくない...。

ので、雄実(オザネ)部分と木口側から斜めに65のビス打ちする事に。

ただこれだと継手部分の雌実(メザネ)側がどうしても不安...。

こればかりはどうしようも無いので、とりあえずネダボンド多目に塗ってはめ込むだけ。(ダボで繋ぐ?とか、釘頭折ったやつ先に打ち込んで繋ぐ?とか考えましたが。)

一応問題無い感じではまり、目違いもそこまで気にする程じゃない。

年数経つと暴れるかもなぁ~という感じ。

その時は脳天ビス打ちして埋め木するしかないか。

ネダボンドがなくなったので早目に切り上げて帰宅。

また明日続き貼ります。

 

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)