名称未設定-1今回は不動産・建築に全く関係ない記事。

キャンプを一度もしたことがないエセキャンパーですが最近アウトドアの道具をそろえるにハマっています(^^;

キャンプに行くなら夜の灯りが必要だろうという事で、LEDランタンを買いました。

ジェントス【EX-777XP】!!!しかも二つ!!(笑)

まだキャンプでは使っていませんが(というか、2017年11月現在でキャンプに行った事が無い(;´・ω・))、僕がなぜこのランタンにしたのかという理由をメモ代わりに書いておこうと思います。

ちなみにガスランタンは危ないという事で、LEDランタンの中からこの商品を選びましたよ~(^^♪

圧倒的なコストパフォーマンス

まず、価格が安い!!ネットで調べればわかりますが、とにかく安く、他の商品を圧倒しています。

アウトドアブランドはまだよく分かっていないのですが、大ヒット商品という事なので品質も良いのだろうと勝手に思い込んでいます。

ちなみに、僕が買ったのはビックカメラで送料込みの 2613円×2=5226円。

送料別でしたらもう少し安いネットショップがあったのですが、送料込みで考えるとビックカメラが最安値でした。

複数灯でキャンプサイトを明るくしようという考え方

明るさは280ルーメンと多少こころもとないので、もっと大きなジェントスの1000ルーメンランタンの【エクスプローラー EX-1000C】を1灯だけを買う事も検討しましたが、1灯で1ヶ所に明るい灯りを設置するよりも、複数の灯りで必要なところに必要な灯りを配置するという考え方をしました。

必要なところに配灯することで、全体をムラなく明るくした方が明るく感じますし、多分おしゃれにみえるんじゃないかなと。

建築デザインと同じで、1室1灯よりも、複数灯配置した方が空間がぐっと魅力的に見えると思います。

テーブルの上にはキャンドルランタンなんかを置いたりして、と妄想しております(^.^)

サブランタンとしてしか利用できないかもしれませんが、とりあえず夜に2灯つけてみてどんなもんか確認してみます。

うまくいけば、2灯+キャンドルランタン+焚火で十分明るいのではないかと目論んでおります。

デザインは我慢

正直ネットの写真で見る限りでは、ダサいなと・・・。

もう少しレトロなおしゃれな可愛いランタンが良いなと・・・。

ステッカーでカスタマイズしてたりする人もいるみたいだけど、正直微妙だなと・・・。

安さには勝てませんでした・・・。

けど、もっとおしゃれにカスタマイズできるのでは?とか、結局のところ光が重要なんだ!だとか。

頭の中でちょっとした言い訳を考えながら、そのもののデザイン性がずば抜けているけど、ものすごく高い様な商品はスルーしました。

光の色が暖色

光の色が一番重要だと思っていて、LEDでも白色の暖色じゃなく、オレンジ色っぽいいかにも白熱色の光が良い!!

焚火の火とできるだけ馴染む色が良い!!(何度も言いますが、キャンプはした事がない!!(`・ω・´)キリッ)

EX-777XPの後継器のEX-313CWも比較検討したのですが、この光の色の差でEX-777XPに軍配が。

EX-777XPは暖色LEDに対してEX-313CWは白色LEDという事。

同じ理由で、コールマンのバッテリーロックコンパクトランタンも比較検討したのですが、却下となりました。

コールマンのバッテリーロックコンパクトランタンはホームセンターで光の色を見てみたのですが、ちょっとイメージと違うなと。

価格は同じくらいですし、デザインもシンプルでバッテリーロックの機能が魅力的でしたが、一番重要な光の色で決めました。

ちなみにコールマンのはこんな感じ。

DSC_0018

商品が届いてみて

結構良い!!かなり良い!!(“´∀`)bグッ!

ネットの写真で見て思っていたよりもしっかりした作りで、チープ感がない!

持ち手のところも、プラスチックだからすぐに折れるだろうぐらいに思っていましたが、鉄製?にゴム巻き?みたいな持ち手なので耐久性が良さそう。

ストライプのカバー(ホヤと言うらしい)も可愛く思えてきました。

しか~し・・・。

光の色・・・白くない??(´;ω;`)

DSC_0025

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)