廃墟物件の見学in大阪狭山市大阪狭山市で物件情報が出たので見学してきました。

どこにも出ていない川上情報。

事前に場所と条件等を聞いて分かっていた事は、【価格はいくらでも持っていく】【線路脇の為騒音】【車両侵入不可狭小道路】【再建築不可】【三角の変形地しかも旗竿地】。

では写真を数点。

4レーザーレベルを据えて見てみると、1.2m程の距離で100㎜弱の傾き・・・。端と端でみると300㎜弱・・・。

入った瞬間波打つ畳と明らかに水平でない床やキッチン。1 3天井と畳は数か所雨漏りで穴が開きボロボロ・・・。

外から屋根を見てみると屋根瓦が無い部分もあり、垂木まで腐っていたので、全てやり替えでみないと×。

車も入ってこれないし割高になるなと。

外壁も軽く叩くとモルタルが剥離している。

基礎も大きなクラックが多数。

エリア的には割と良い場所なのですが、㎡数の少ない単身者用という事もあって、再生しても賃料としては3.6万位が限度かなと。

増築部分もあり傷みが激しい為減築もしないといけない。

サッシもすべて木製で建付けが悪く使えない。

ざっと計算して割が合わないので撤退です(^^;)

電車の本数の多い線路の脇なので、住むのも敬遠されそうですし、買い物施設も割と遠い為お年寄りも難しそう。

若い単身者がここに住むメリットもあまりなさそう・・・普通に広めの単身者用マンションに住むよねという感じ。

60万位くれるなら引きとっても良いけど、それなら地続きの隣地の方が買えば価値が上がるので無料かお礼にいくらか包んで引き取ってもらう様お願いすれば良いんじゃないかなというレベル。

単体の土地の価値としては隣地の方以外からすればマイナス評価。

建物はかなり手を加えないと安全に住めない。(大きな地震がくれば危険。)

こういう廃墟物件の末路はどうなるんでしょうかね?(^^;)

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)