IMG_20191021_113416さて、マニアックなお話ですが、床下点検口のお話。

実は床下点検口にも色々ございまして、さすがにこういう商品に拘ってる方も少ない(聞いた事が無い)ですし、普通はお客さんが選ぶ様なものでもございません。

ですが、昨今の高気密・高断熱住宅においては割と重要なポイントで、せっかく床下に断熱工事を施しているのに床下点検口の部分で断熱が途切れていたり、気密性が無い商品で隙間風が入ってきたり等も起こり得るので、一応考えないといけない部分ではあります。

今回の河内長野市K様邸のリフォーム工事では床下に吹付断熱を施していますので、【標準型】と【断熱型】をセレクト。

メンテナンスの関係で3ヶ所設けたのですが1ヶ所は床断熱施工範囲外でしたので【標準型】に。

■城東テクノ株式会社/高気密型床下点検口【標準型】

https://www.joto.com/product/2-2/99

■城東テクノ株式会社/高気密型床下点検口【断熱型】

https://www.joto.com/product/2-2/100

これ、実は結構なお値段がします💦

がっ、施工性も非常に良く、商品としても優れていますのでお勧めです。

昔からの商品だと結構施工がめんどくさかったり、物自体がチープでガタガタしたり、軋んだり。

後はアルミ枠と違い樹脂枠なのでヒヤッとする事もありません。

1つ改善して欲しい点はカラーバリエーションに白が無い事(-_-;)

仕方なくアイボリーにしました。※蓋の上にはこの後、周囲の床材と同じフロアタイルを施工しています。

たかが床下点検口、されど床下点検口でございます。

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)