金利が低い今!住宅ローンを組むなら固定金利?変動金利?低金利の時代が長らく続いています。

って言っても僕自身は金利が高い時代なんか社会人になってからは無いから低金利が当たり前みたいな感覚なんですけどね(笑)

周りはボチボチ家でも買うか・建てるかって人もチラホラいるのですが、その時にローン組む時には固定金利?変動金利?

って話があったり、低金利やから早めに住宅ローン組んだ方が良いんかな?とかいう話があったり。

低金利時代しか経験していないので、住宅ローン組むなら低金利の今が良いってのは個人的にはあんまりピンとこないんですが、固定金利が良いか変動金利が良いかって答えは自分の中ではあります。

金利が低い今住宅ローンを組むなら【固定金利】一択だと思っています!

変動金利の方がさらに金利低いし良いよ~って方もいらっしゃるかと思いますが、金利が低い今だからこそ【固定金利】を選択するのです。

変動金利が良いっていう意見の人は経済変動を見越しているのか??

変動金利で借りれば金利の低い今なら0%台で住宅ローンを借り入れする事が可能です。

確かに低い。低いですが、住宅ローンって基本的にかなりの長期に渡って返済していく事が普通ですので目先の金利の低さの比較だけで変動金利を選ぶ事って本当に正解なんですか?

どちらが正解だったかは住宅ローンを返済し終えた時にしか答合わせができない問題なのですが、金利が上がったらってリアルに考えた事ありますか??

急激に金利上昇しても5年間は返済金が変わらないから大丈夫?

返済金見直しの時も1.25倍にしかならないから大丈夫?

返済額の内の利息の割合が増えて元金減りにくくなるだけですよ?💦

急激な金利上昇の場合は利息の割合が100%を超えて元金が一切減らずに未払い利息が積みあがるという最悪のシナリオもございます。

金利上昇したら固定金利に切り替える?→時既に遅しです・・・。おいしい利益だけを享受できる様な甘い仕組みはありません。

金利上昇したら繰り上げ返済するから大丈夫?→一括で返済できるぐらいの余裕があれば大丈夫だと思います。

金利が上がったらどうなるか。

一度真剣に考えてみてはどうでしょうか?

月額支払いが多少増えて総返済額が増えたとしても、金利の低い今に長期固定ローンを組んでおけば金利上昇に怯えることなく計画的に返済ができます。

現段階の数字で比較シュミレーションしても、変動金利が有利に見えてしまうのかもしれませんが実際は誰にも分らないですからね・・・。

超低金利で固定で住宅ローン借入ができる今は絶対【固定金利】一択だと思うんですけどねぇ。

何故あえて今そのリスクをとるのか、今しか見えていない人は変動金利を選択してしまうのだと思いますが、そのリスクは小さくありませんよ~。

バブル期の金利って6%とか高いとこだと8%なんて事もあった様で・・・💦

こんな数字はめてシュミレーションしたら破綻まっしぐらです。

もしも金利が上がらなかったら損だなと考えるよりも、金利が上がらなかった時の金利差分はリスクを負わない為の経費や保険代という考えで固定金利にした方が賢い様な気がするんですけどねぇ。

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)