名称未設定-1RCの戸建て借家、絶縁不良で電気配線工事。

工事前に見積もりが出せないのは理解でき、15万以内でやるという事で工事に入ってもらう。(家賃の約3ヶ月分痛いなぁ~と思いつつ(^^;))

多少遠隔地なので、親しい業者ではなく地元の業者。

借主が知り合いという事で呼んだ業者で、会った感じではまあやってもらっても良いかと思い発注。

工事の正確な日程もこちらに報告なく、先週の終わり(9月30日土曜)に工事終わったので来週の頭に請求書FAXしますという事で、昨日(10月5日水曜)にこちらから『FAX来てないけど、金額いくらになりましたか~?』とTEL。

『今現場なので、夕方頃こちらから電話します。』という事。

で、ついさっき(10月6日金曜午前中)に『昨日は現場から帰れなくて』と向こうからTEL。

内容としては、実際工事にかかったのは20万超えるけど、材料費仕切り値で計算して税金込みで、今請求書ないから正確にわからないですが18万ちょっと。

(いやいやいやいや💦そっちから電話してきてるんやから正確に金額ぐらい教えてや)

現場で説明して納得いかないのであれば、15万で良いですという事。

工事中に増額になりそうという連絡もなく、いきなり今日にそんな話だったのでびっくり。

多分実際それぐらいかかって、正直にそういう風に言っているのだとは思うが、ちょいちょい重ねるいい加減な対応が目に付くので腹が立って、ちょっと愚痴。

この業者にやらせた自分が悪いという思いで、言い値で払ってやろうかと思う反面、これから付き合う気もないので15万ポッキリにしようかとも思う。

いやいや、単にちょっぴり加減なだけで正直者なのではと思う反面、小さないい加減を積み重ねる人間は信用できないとも思う。

納得いかなければ15万で良いと、こちらに判断を仰ぐズル賢さもちょっと腹立つなとか。

自分が向こうの立場なら、増額になりそうな時点で連絡するのは最低限として、事前に15万以内と言ったなら、自分の見立てミスと思うし自分の人工代削って絶対15万に収めるなとか。

うむ、15万やな(*`д´)b

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)