綿壁・土壁のシーラー古家の賃貸居住用物件へのリフォーム再生でよく使う手法として、『塗装』という方法を選ぶ事が多々あります。

古家の場合、元の壁が土壁や綿壁が多く、コスト的に一番安く収まる方法だからです。

シーラーを塗って、固めてから壁紙(クロス)を貼る方法や、石膏ボード等で下地を作ってから壁紙(クロス)を貼る方法もありますが、工程が増える=コストが上がる為です。

もちろん運営上、将来の修繕等のし易さを考えてクロスにするという考えもあったり、古臭さが抜けきらないのでクロスにするという考えもあるかと思います。

僕が良く塗装仕上げにする理由としては、コスト・メンテナンス性・質感の好み、があります。

コストは上記で記載した様に工程が少ないので安く収まります。

メンテナンス性に関しては、壁紙(クロス)と違って破れるという事が無いのでしっかり固めて置けば強度も耐久性も良く、傷付いた場合もその部分だけ元の塗料で塗装で補修がしやすいと考えています。

土壁にシーラー塗布して固めた上でクロスにした場合、張替えの時にめくると壁がボロボロになるという事も聞いた事があります。(これはやった事が無いので定かではありませんが、わざわざリスクを犯してまで採用は致しません。このパターンで張替えした方いましたらどうだったか教えて下さい~。)

質感に関しては、個人的にはビニールで出来た壁紙(クロス)よりも有機的なぬくもりを感じさせやすいのではないかなと考えています。完全に好みの問題(笑)。本当はしっくいとかの自然素材を使いたいところを材が安価なので塗装仕上げにしています。

総合的に考えて『塗装』という方法を良く使います。

さて、ではDIYでこの土壁・綿壁を塗装しようとなった場合、避けて通れないのが、シーラー処理です。

シーラー処理とは、元の土壁・綿壁を塗装仕上げできる様な下地の状態に仕上げる処理の事を言います。(固める・アク止め・吸い込み止め処理等)

その時にシーラーってどんなもの使うの??という疑問が沸き上がります。

僕も一度だけ古家の室内を全室DIYで塗装仕上げした時に悩みました。

ホームセンターでもネットでも色々な種類のシーラーがあるからです。

最終的には、何でもいけるやろという適当な感じでホームセンターにあるシーラーを使ったのですが、イマイチそれで正しかったのかどうかが心配でしたし、結構値段が高くプロならどんなシーラーや塗料使うんやろう?と思っていました。

という事で、現在松原市でリフォームさせて頂いているリフォーム現場のプロの塗装業者さんが使っていたシーラーと塗料を紹介させて頂きます。

この商品が良いですよって事では無く、うちでやってもらっている塗装業者さんはこんなの使ってましたって事ですので、使う時は自己責任でお願いいたします。

僕自身も、もしまた自分でDIYで塗装する場合のメモ書きとして残しておこうというものです。

まっ、あんまりDIYで何でもかんでもやっちゃうと塗装屋さんの仕事がなくなりますので、僕は基本的に自分ではしないと思います。仕上げの綺麗さもスピードも大違いという事もありますが(笑)

綿壁・土壁のシーラー

綿壁・土壁のシーラー【合成樹脂アクリルエマルションシーラー EPシーラー】

綿壁・土壁に使っていたシーラーはこちら!!

和室合板天井のシーラー

合板天井のシーラー【カチオン形アクリル樹脂エマルション系下塗り材 キクスイ浸透性プライマーE】

和室の合板天井に使っていたシーラーはこちら!!

上塗り塗料

壁塗料【合成樹脂エマルションペイントVINYROCK55】

仕上げに使っていた上塗り塗料はこちら!!


 

こういうシーラーと塗料を使っていましたよ~。

色々商品ありますけどどういう基準で商品選んでいるんですか?と聞くと、『経験とコスト』という答えが返ってまいりました。

職人数人で話し合ってこのシーラーで大丈夫だし、安くおさまるだろうという事で選んだという事です。

何度もお任せしている職人さんなので、塗料の指定まではしておりませんがいつも綺麗におさめて下さります。(仕上がりの色味は日塗工で指定しています。)

※全て、ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆の塗料です。

和室のボロボロ落ちる綿壁や土壁にお困りでDIYしてみようって方は参考にしてみて下さい♪

自分でDIYは無理かなって方は一度ご相談下さい。

※対応できないエリアもございます。南大阪をメインエリアとしている大阪府堺市の不動産業者兼リフォーム業者です。

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)