まずは全体の予算を考えていきます

年収から借入金額を考える土地から探して新築住宅を建てる場合、まずはどれくらいの金額を住宅ローンで組むのかという事を考えていきましょう。

こればっかりは色々な考え方がありますので、正解は無いです。

お金の使い方や、家族構成、現在の年齢や何歳まで働くのか等のライフプランによって個々がしっかり考えないといけないからです。

一概に、年収の5倍迄や、年収の25%迄の返済負担率なら大丈夫等と言われていますが、単にこの指標をあてにすると、住宅ローンの返済に苦しむ事や後悔する事になります。

とは言え、ある程度は返済負担率を計算すれば良いという考え方は良いと思いますので、考えていきます。

(年収の5倍迄という数字は、返済年数を考慮していませんので全くあてになりません。)

(返済負担率を決める為に収入の何%までを住居費に充てても問題無いのかを一度自分自身で考えてみて下さい。)

まずは現在の年齢と何歳まで返済をするのかという事で考えますが、仮に現在25歳・60歳まで35年間支払いを続けるという条件で考えます。

フラット35で固定金利1.5%で35年間の間100万円を借りたとすると、年間の返済額が36,732円となります。

■年収が400万円の場合

年間の返済額が100万円以下で返済負担率が25%以下となります。

※100万円÷36732円≒27.2倍 なので、100万円×27.2=2,720万円以下で25%以下となります。(毎月約8万3282円以下の返済)

■年収が500万円の場合

年間の返済額が125万円以下で返済負担率が25%以下となります。

※125万円÷36732円≒34.0倍 なので、100万円×34.03=3,400万円以下で25%以下となります。(毎月約10万4102円以下の返済)

■年収が600万円の場合

年間の返済額が150万円以下で返済負担率が25%以下となります。

※150万円÷36732円≒40.8倍 なので、100万円×40.8=4080万円以下で25%以下となります。(毎月約12万4923円以下の返済)


 

借入金利と返済負担率を何パーセント以下にするのかという考え方で予算は大きく変わりますが、一つの考え方として参考にしてみて下さい。

年齢が上がって、返済年数が短くなれば予算はもう少し抑えた方が良いですし、金利の状況によっても大きく異なってきます。(※現在は低金利の固定金利が利用できるので、固定をお勧め致します。)

さて、ここで考えた予算を基に、土地探しから新築住宅を建てる為にはどの様な土地を探していけばいいのかを考えていきましょう。

(前の記事はこちら:土地探しから始める新築住宅①~土地から探して建てる事のススメ~ )

(次の記事はこちら:土地探しから始める新築住宅③~探す土地の予算の考え方~ )

ちなみに自己資金がどれぐらい必要なのかというのはまた別の話となります。

(参考:自己資金¥0ーの住宅購入の危険性)

河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内等の南大阪エリアでしたら土地探しからお手伝い致しますので、まずは一度お気軽にご相談下さい(^^♪(大阪府全域・奈良県・和歌山県も一部対応可能です。)

ご相談はこちらからお気軽に(^^♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (任意)

ご質問等 (任意)

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)