ビニールクロスと塗り壁

table-629772_1280

内装の壁仕上げとしてビニールクロスと塗り壁がありますが、やはり素材感があって意匠的に良いと感じるのは塗り壁です。これは好みの問題なので、ひょっとしたらビニールクロスの方が良いという方もいらっしゃるかもしれません。無機質なイメージで空間を作りたい場合もビニールクロスの方が良いかもしれません。

意匠的な事を言えば、個人的には塗り壁が好きですが、メンテナンスやコストの事を考えると、よっぽどこだわりのある方以外にはビニールクロスをお勧め致します。

ビニールクロスも色々な柄や質感があるので、様々なイメージの空間を作る事ができます。

ビニールクロスは悪者?

自然素材を使用した住宅を売りにしている会社ではまるでビニールクロスや新建材が悪者かのようなイメージで塗り壁をアピールしていますが、これは間違っていると思います。

塗り壁や、無垢の床板が好きですし、実際に良いと感じる方は多いと思いますが、過剰なイメージ戦略には違和感を覚えます。

どうしてもこの手の売り込みには、シックハウスに悩む方の弱みに付け込んでいる様に感じてしまう自分はあまのじゃくでしょうか?

自然素材のシックハウスへの効果の是非は別として、多くの方が手の届かない価格で販売されているという事実もあります。作り手としては、そういう建物を安価に建てる事ができればという想いはあります。シックハウスで悩む方がいる一方で、何も問題なく普通の新建材だらけの住宅に住んでいる方が大半という事実もあります。

結局どちらの方が良いのか

確かに、塗り壁には優れた調湿・脱臭等の機能がある様ですし、味のある風合いは魅力的です。リフォーム時に自宅の一室にDIYで石灰クリームを塗ったのですが、なんとなくなのか実際なのかは分かりませんが、空気が気持ちいい感じはしますし、味のある壁で落ち着く感じはします。

ただ、施工に手間がかかりますし、工期も長く必要ですのでコストがかかってきます。汚れも付きやすいですし、どうしても割れが出てくる部分もあります。お金に余裕があって、割れや汚れも味だと考えて気にしないおおらかな方にはお勧め致します。

ビニールクロスは、工期を短縮できますし、材料自体が安価ですのでコストを抑える事が可能です。大半の住宅でビニールクロスが採用されている理由はやはりこの部分が大きいです。絶対に塗り壁にするという考えよりも、意匠と機能と予算をトータルに考えて決定していく必要があると思います。

南大阪(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)の内装リフォームでビニールクロスの張り替えや、新築で塗り壁施工をお考えの方は参考にしてみて下さい。

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)