luftlmalerei-1502236_640昨年9月末~入居の戸建て物件。

賃料高めで入居付できていたのでホッとしていたのも束の間、年始早々解約の電話がっ💦

3月中ぐらいに退去との事で、半年未満の入居期間。(繁忙期逃すなぁ~(´;ω;`))

 

退去理由を確認すると、親御さんの身体の具合で同居せざるを得なくなったという事。

残念ですがそれは仕方ないですねと、そして、短期解約違約金のお話はすんなり了承。

 

礼金もしっかりとっていたし、ペット飼育条件だったのでクリーニング費用も退去時に徴収するという契約にしていたので、短期でしたが運営上は問題無くむしろ短期が続いてくれれば儲かるな等と思いつつ。

 

電話切ってからふと思い出した事が。

確かこれ、契約時に短期解約違約金の交渉があって1ヶ月減額にした様な・・・。(ADを支払っているので短期解約を避ける為高額に設定しています。)

ここで、もしかして元から短期で解約するつもりだったが嘘の理由で退去するんじゃないかとの疑念が頭をよぎる。

 

人を容易には信じてはいけないという不動産業者の性が嫌になりますが、これは要調査やなと決意。(契約上なんの問題も無いので借主にも業者にも特に追及するつもりは無いですが、個人的にはっきりさせておきたいので。仲介業者が知った上で借主と結託して貸主を騙してるとしたら詐欺ですよね。)

 

とりあえず、客付した担当者を知っている他の賃貸業者の知人(担当者の元同僚。世間は狭いんだよ、フフフ。)に、『例えば、自宅を建て替えするとかで短期の賃貸ニーズがあった場合にそれをオーナー側に隠して契約する事ってあります?』

と確認してみると、『ヤツならやりますね(笑)契約時に短期違約金の交渉があったなら間違いないと思う。』と・・・。

 

『大〇建〇の物件とかなら、解約違約金が無いからそういう時に私はそれを使うし、担当者も短期と知ってても入れてくれますよ!あっちはとにかく入居率を上げないといけないんで。』等とのたまいます・・・。

管理会社(サブリース会社)全くオーナーの利益考えてないやんけ(# ゚Д゚)

『退去の時期の前にちゃんと最もらしい理由をつけて、決してうちが指南した事は言わずに退去通告して下さい。というアドバイスもしてるはずですよ!』との事。

 

まぁそりゃね、『短期の賃貸です』とバカ正直に言っちゃうと借りれる物件が無いって事は十分理解できますよ、オーナーさん嫌がりますもん。

だからこれはある意味せざるを得ない事なんだとは思います。

逆に短期の賃貸ニーズに応える若干高い賃貸物件を作っておけば借り手も一定数確保できるというのも思います。(短期OKにしといてハウスメーカーに概要書配っとくってのも有りやな( ..)φメモメモ)

 

だからといって、人を騙して良いという理屈にはならんでしょうがっっっ!!!(怒)

 

いやいやいや、まだ確定した訳じゃない、絶対そんな事は無い、電話口の借主はとても丁寧な口調やったやないか、嘘なんか付いていないハズ!!

やっと慣れてきたところですし、残念なんですがってめっちゃ残念そうに言ってたし!!

職業的にも人を騙しちゃ絶対いけない倫理観のいる仕事だと思うし!!

写真で見る限りでは嘘をつきそうな感じでもなかったし!!

人を疑うダークな自分と戦いながら、人を信じてみたい僕は入居申し込み書及び免許証記載の旧住所をグーグルストリートビューで古い家が建っている事を確認してから訪れてみる事にした。

 

訪れる事に・・。

 

訪れる事に・・・。

 

訪れる事にした・・・・。

 

 

 

 

 

 

豪邸建っとるやないかい(ꐦ°д°) ゴラァ

 

現地看板みると確認年月日が11月になってるから明らかに確信犯 (ノ_-;)ハア…。

 

1月の寒い夜、人を信じる心を踏みにじられて、タ〇ホ~~~~~~~~~ム!というフレーズが頭の中をリフレインし続ける中、ちょびっと泣きそうになりながらバイクを走らせ帰路につきましたとさ。

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)