再建築不可物件の売却〜どう売却するのが良いのか〜再建築不可の物件とはその名の通り、新規で再建築しようと思っても原則できない物件の事です。(もしくは、許可をとらない限り再建築不可としか言いようのない物件。)

建築基準法上の道路に面していなかったり、接道距離が足りなかったり、市街化調整区域の物件だったり、囲繞(いにょう)地だったり。

再建築不可の理由も色々あります。

絶対に再建築できない物件なのか、条件を満たせば再建築できるのか。

この辺の判断がとても重要になってきます。

いつも思うのですが、再建築不可物件の売り方が雑な業者の多い事。

普通に再建築できる物件と異なり、調査も難しく、再建築可の判断も難しいので単に『再建築不可!!』とだけ記載してぶら下げて売ってるだけってパターンが多い。

前面私道所有者の同意をもらえれば再建築できるのに、とか。

この部分を買えたら再建築できるのに、とか。

こういうフローで申請すれば再建築できるのに、とか。

再建築不可物件にとって再建築できるか否かは価格に重大な影響を及ぼす内容です。

買主にとっても購入理由に重大な影響を及ぼす内容です。

もう少し再建築可の可能性を探ったり、買主側が安心できる様に再建築できる許可がとれない場合は白紙解約となる契約にしたりだとか、工夫をこらせば良いのになと。

融資付けに関しても、金融機関をいくつか先に打診しておけば良いのにとか。

再建築不可物件は価格が低くなりがちで、仲介手数料も低くなるので割りに合わないという事も多々あるかとは思いますが・・・。

売却を受けているんだから、売主の為に動きましょ~よ。

同意をまとめたり、売却の意思確認をしたり、しっかり調査したり。

業者に言ってるんじゃなくて、いい加減な調査や動きしかしない業者だらけですよと、売却をお考えの方に言っています。

言いたい事は、不動産を売却する時には不動産業者を選んで欲しいという事!!

再建築不可物件の話だけではなく、普通の物件の場合でもしっかりと調査でき、知識のある業者に頼まないと、金銭的に損をしたり、後々トラブルに巻き込まれたりといった事が起こりがちです。

ちなみに僕は、再建築不可物件は大好きです(笑)

大阪の再建築不可物件については売却相談でも、買取相談でもお気軽にお問合せ下さい。

再建築不可物件の買取に関しては、安くはなりますが検討は可能です。(一般的な買取業者は再建築不可物件を買取りしません。)

奈良・和歌山の再建築不可物件も一部エリアでは対応可能です。

お問合せ:090-6663-0702 大政(おおまさ)迄

何時でもお気軽にご連絡下さい(^^♪

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)