小学校区の事考えてますか?

pencil-690050_640住宅を購入するタイミングは様々だと思いますが、結婚するタイミングや子供が生まれて少ししてからのタイミングで購入を検討する方が比較的多いと感じます。

これらのタイミングで住宅購入を検討するのは、新婚時に思い切って購入するという理由や、子供が生まれてから賃貸住宅が手狭になってという理由や、子供の出す生活音が気になって等という理由があると思います。(子供が生まれるとご近所さんに迷惑かけてないかが結構気になります。)

このタイミングで購入を検討される方にご注意頂きたいのが、小学校区をしっかり確認するという事です。

子供が生まれて小学校に入るのは、遠い将来の話ではなく結構近い将来の話なのに、意外とそこまで考えている方は少ない様に思います。(そんな事はない?しっかりしている方は考えてるのかなぁ。)

かくいう僕も結婚するタイミングで住宅購入に踏み切ったのですが、小学校区の事は全く考えていませんでした。

どこそこの小学校は良いとか悪いとか言うのはあまり良くない事ですが、やはりそこは地域性や親の考え方があって、実際に子供が小学校に上がる時になって考えてしまう大きな心配事です。

通学路が広くて安全か?見通しは良いのか?学校全体で通学路の安全を確保しているか?子供の足で何分ぐらいかかるのか?どんな小学校なのか?

住宅選びでまず考えるのが、職場の距離・実家との距離・生活の利便性・治安の良さ等で、探すエリアをどこにしようかという事だと思います。

この視点に将来の子供の小学校区がどこになるのかという事も加えてみて下さい。(^^)/

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)