賃貸客付できてますか?〜不動産業者の事をもっと考えましょう〜最近、異なる賃貸客付業者さんに何度か同じ事を言われました。

他に物件ないですか?柔軟に対応して頂けて、室内も綺麗にリフォームされていて決めやすいのでと。

賃貸業者が如何に決めやすくするのか、楽に仕事ができるのかを考えるのが肝心だと思っています。

賃貸管理業をどこかで経験した訳ではないので、他社の管理業者がどの様な客付対応をしているのか等は分かりません。

まだまだ足りない部分もあるかと思います。

けれどこういう言葉を頂くと自信にもつながりますし、単純に嬉しいです。

どの様な事をしているかというと、当たり前の事を当たり前にしているだけという感覚ですが、常に相手側に立って物事を進めるという事は意識しています。

・レスポンスを速くする。

・条件は柔軟に。

・資料は分かり易く。

・賃貸業者目線で募集し易い条件に。

・etc…非公開

具体的に書くのは企業秘密(大したものではありませんが(^-^;)なので控えますが。

管理物件もほとんどこちらの判断で出来る様にオーナー様にはご理解頂いています。

こういう仕事ができるのも、オーナー様が信頼してくれて柔軟に対応して下さっているという部分も大きいので感謝です。

基本的な判断基準が自分の所有物件ならどうする?というところにあるので、価値観が合う方じゃないと一緒に仕事はできないとは思います(笑)

最近、築古再生不動産投資をする方が多くなっている印象ですが、リフォーム・再生の部分に注目しすぎな気がします。

派手で面白いのも分かりますし、僕自身もそういう部分は好きなのですが、賃貸大家業の肝はそこじゃないなと。

客付ができないと絵に描いた餅。

如何に借主・客付業者の事を考えられるのか、、、結局は人だなと。

いくら良いリフォームをしても、いくら賃料を安くしても、借主・賃貸客付業者に気に入ってもらえないと入居者は入りません。

良い物件があったとしてもオーナーや管理会社の事を『仕事がやり難い』と判断すれば、物件の紹介すらしないって事は分かりますよね。

割と多いんですよ、オーナーが嫌われてるだとか、物件の事を知らないとか、条件的に絶対付かないから紹介すらしていないとかの理由で空き室だらけってこと・・・。

で、オーナーには『頑張りますっ!!』なんて言っちゃうんです(笑)

業界の仕組みも知って、適切な客付方法も知らないとエンドユーザー迄物件情報が届きません。

数は少ないですが、とりあえず管理物件・所有物件共に満室になったので、いい線ついてニーズを満たしているのかなと♪

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)