不動産業者としての心構え不動産業者としての心構えなのですが、売らせる事・売る事・買わせる事・買う事が目的になってはいけないと常々考えています。

不動産営業は得てして、上記の事が目的になりがちな職種なのですが、これは絶対に間違っています。

目線がお金目的にはなってはいけない。

そうあるべきだと思っています。

では、何を目的とするのか。

安全・安心な取引を提供する事と、縁をつなぐ事を目的とするべきだと思っています。

もちろん、お金は大切で必要な物だからきちんとお金の事は考えています。

けれどそれが一番の目的ではない。

後ろ指を指される様な事はしたくない。

ある不動産業者様からお聞きした『目がくらむから余程の事情がない限り買取はしない』という言葉。

素敵な信条だと思います。

自分の利益よりも売主の利益を考えれば当然そういう結論に行きつきます。

売却相談を受け、安く買えそうだというシーンに出会った場合でも、買取ならこの価格、仲介で売却するなら時間はかかるがこの価格と偽りなく説明する。

売主を適当に言いくるめて安く買い叩けば短期的な目で見て金銭的に得はするかもしれません。

けれど長期的に見て信頼・信用の方が大切なのではないかなと。

一方とある業者から聞いた話では、そういうシーンに出会った場合(売却相談を受けた場合)、できるだけ買取にもっていく話をするそうな・・・。

どちらの不動産業者と縁を持つかで結果は両極端です。

実は、前者の様な不動産業者はほとんど稀です(-_-;)

 

”急いで売却する必要がある場合”以外は絶対に不動産業者からの買取の話にはのらない様にご注意下さい。

 

業者が買い取りする理由を考えれば分かりますよね?

買い取りするって事はほぼ確実に利益が見込めるって事で、逆に言うと利益が見込めないなら買い取りなんかしないって事です。

不動産という高額なものを買い取りする(多額の資金を投入する)からには、結構な額のリターンとリスクを見込んでの額になるのは当然です。

要は圧倒的に安くなります。

急ぎでない場合は100%通常売却をお勧め致します。

【河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野】の不動産売却【無料査定!!】

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)