入居者対応どんな感じでやってますか?塩対応?神対応?先日、入居者対応をどうしているのか?という話になったのですが、大家さんの考え方の違いがあって面白いですね。

一方は『できるだけ大家の存在感をなくして接触しない方が良い。店子と近づいてしまうと色々言ってくるので困る』という意見Aの塩対応

一方は『入居者の為に色々やって上げた方が何かあった時にやり易いのでは?』という意見Bの神対応

どちらの意見も分かるのですが、大家業として割り切ってやるなら意見Aが正しいと思います。(あくまで、入居前に不具合が無いように再生している事が前提です。)

本当にしょうもない事を言われまくっても困ります。

一つの要望を聞くと次から次に要望を言ってくる方もいます。

で、僕は出来るだけ接触しない様にしないといけないとは思っています。

けれど実際は何か連絡があれば、きっちり対応するし、言われた事を結構やってあげたりコミュニケーションをとってしまいます。

なんやかんや細かい事を言われたりもします。

長期入居者が天井が汚くなってきて気になるというので張り替えてあげて、その部屋で一緒にお弁当を頂いたり、ナメクジが入ってくるというので隙間をコーキングで塞いで忌避剤を買ってきてあげたり。

換気してないのが悪いんやけど原状回復しろとは言わんからそのままで住んでくれとか、ナメクジなんか関係ないしどうしようもないし知らんがなと突っぱねるのは簡単です。

気持ち良く長く入居してもらえたらいいなという思いもあります。

言われても対応しないと、対応してくれないので言わないという悪循環になり、小さな不満が積み重なって退去に繋がるというのもある様な気がします。

考えればそういう事もありますが、そういう打算でやってあげている訳ではなく、僕の考え方の基本となっているのかなと思う考え方があります。

職業技術訓練校に行っていた時の同級生?(と言っていいのか分からないが)のおっちゃんが言っていたと多分思うのですが、(そこ覚えとけよ💦)

『人に良い事をしてもその人からは絶対に返ってこない。しかし、どこか違うところから返ってくる』

という考え方。

おっちゃんをリスペクトしてるわけでもなんでもなく、単にこの考え方が凄くハマったというか、素直に受け入れられたというか、とても気に入って、いつの間にか僕の中の行動の基本的な部分になっている様な気がします。

恩は送っても見返りを求めない、というかそもそも何も期待しない。どこかから絶対に返ってくるから。

と考えて行動すると、人に恩を着せる事もないしとても気持ちが良いのです。

根底に『どこかから絶対に返ってくる。』という下心はある訳ではございますが、先に相手に与えて何も期待しないという行動指針で動いていると下心がある事は基本的に忘れちゃっています(笑)

そして多分、知らない内に実際にどこかから何かが返ってきている様な気がしています。

基本的に何かにめちゃくちゃ困った事もありませんし、困った事があったとしてもひょんなとこから助けてもらえたり。

生まれてこの方運が良いなぁ、恵まれてるなぁと常々思いながらのほほんと生かされております。

徳を積むという考え方も同じなんですかね。

入居者対応をどうやっていくかというのは僕の中では相反する答えがありまして・・・できるだけごちゃごちゃ言ってきて欲しくないけど頼られたらキチンと答えてあげたいと・・・。

『何でも言ってきて下さいね~♪』と笑顔で言いながらも、心の中では『しもたぁ~💦いらん事言わんかったら良かった~💦』等と反芻する訳です。

いやぁ、まだまだ人間ができていませんなぁ(笑)

さてあなたは塩対応?神対応?どちらでしょうか?

プロフィール

大政 容平
大政 容平エン・ワークス(設計士・宅建士)
大工・2級建築士・宅地建物取引士。1980年生まれ。2児の父(男の子と女の子)。趣味は、ギター・料理・日曜大工。大工は元プロですが(;^_^A。子供は何でも作れると思っちゃってます。建築・デザインが好きで、リフォームや新築も承ります。(100棟超の新築住宅設計)ブログもやってますので、見てみて下さいね♪

南大阪エリア(河内長野・富田林・大阪狭山・堺・和泉・羽曳野・南河内)で売却物件も募集中です♪(南大阪の不動産売却査定はこちらから)